立地条件が大切

学生が賃貸を利用する際は、学生が多く住んでいる地区にある賃貸を選ぶことがおすすめです。そういう地区には、自分と同じような学生が多くすんでいるため、友人や知り合いが増えやすいというメリットがあります。一人暮らしで、病気になったり怪我をしたりしても、近くに友人や知り合いがいれば助けてもらうことができます。また、そういった地区にはスーパーや病院などが近くにある場合が場合が多いです。学生で車がない場合に、近くにスーパーや病院があるということは大きな安心材料になります。学生の多い地区にあるスーパーには、一人暮らしの方向けの少量パックの商品が充実していることもあり、無駄な買い物を避けられるというメリットもあります。

学生が賃貸で暮らすなら、すべての窓にカーテンを付けることをおすすめします。たとえ磨りガラスになっていても、カーテンを付けましょう。そうすることで、中に人がいるのかどうか判断が難しくなり、防犯対策につながります。また、最近では日の光をカットし、部屋の暖かさを逃がしにくくするカーテンもあります。さらに窓の長さより少し長めのカーテンをつければ、冷たい空気が外から入ってくるのも防ぐことができます。カーテンの生地や長さを工夫することでエアコンや暖房器具を稼働させる量も抑えられて、節約につながるというメリットもあります。 賃貸を利用する際は、立地や部屋の中の物を工夫することで、簡単に節約につなげることが可能です。